かつらを選ぶコツ

かつらの選び方としては、装着方法・アフターサービス・
修理体制・保証といったことをいろいろと比較検討すること
になります。そのとき、かつらメーカーの宣伝は嘘ではないと
しても誇張される部分が多いので、やはり実際に利用された方
の口コミを参考にするのが良いでしょう。

ちなみに、かつらの装着方法は、テープ・ピン・編み込み・接着
の4つあり、それぞれ特徴があります。年々、技術の進歩があって、
一概にはどの方法がよいとも言えないので、ライフスタイルなどに
合わせて選ぶようにすることです。かつらなどプライベート性が高く、
表に情報が出てきにくい商品は、口コミによる評判が結構重要に
なるものです。

その上で、男性用かつらは、ランニングコストを考えて買った方が
よいでしょう。カツラの寿命は、メンテナンスや頭の油脂の多さとか
で多少は変わりますが、だいたい3年前後です。ある経験者の話に
よると、大手のかつら(ウィッグ)メーカーの販売価格は大体60
〜70万円前後なので、3年36ヶ月カツラを使用すると仮定すると
毎月月に18,000円(65万円で購入と仮定)のランニング
コストとなります。

かつらとは長い付き合いになるものです。1個のかつら(ウィッグ)
を3年おきに買い換えると考えると、一生毎月18000円のローンを
抱えてるのと同じことになります。これだと、結構高くつくことがわかる
でしょう。家、自動車に継ぐ買い物になってしまいます。さらに、購入後
のメンテナンスもきちんと行わないと、短期間で新たな商品を購入しなけ
ればいけなくなってしまうこともあるのです。

当サイト人気コンテンツ

★ オーダーメイドできめる!
★ 意外なところで使われている?
★ 購入時の注意点
★ 人工毛と人毛


Copyright (C) 2007 かつら@情報の館 All Rights Reserved.