かつらの需要の増加

かつらを利用している人は、約100万人と言われます。成人男性
の4人に1人は薄毛や抜け毛などの毛髪の悩みを抱えている、
と言われる今では、その数字も決して不思議はでないかも知れま
せん。その上、毛髪の悩みを感じているという人口も年々増加の
傾向といわれています。実際に髪の毛の色、量、長さ、形などを
変えるだけで印象はだいぶ変わるもの。つまり髪の毛の美容上の
役割は、非常に大きいからこそ、かつらやウィッグのニーズも
高まっているのでしょう。

最近は、髪の毛の悩みに対し、発毛治療に育毛治療、かつらの使用
まで、様々な対処方法があるものです。それでも、完全に発毛・
育毛効果のあるような画期的な薬剤が発明されるまでは、毛髪の悩み
はつきないことでしょう。最近のかつらのCMを見ていると、薬剤の
開発よりも、自毛と変わらない自然なかつらの開発のほうがずっと
早く実現できるのでは、という声もあります。

かつらの使用での不安として、かつらを装着したままスポーツする事は、
可能か?ということがあるでしょう。実際は、スポーツの種類によります。
例えば、ゴルフなどは、かつらを装着したままでも、頭に対する大きな
動きはないので、影響は恐らくないと思われ、たぶんゴルフ選手の中
にも、かつらをしている選手がいるのではないかと見られます。
かつらで、注意が必要な運動といえば、水泳でしょう。第一の理由は、
かつらへ水圧の影響がある事です。

もうひとつは、塩素の影響です。かつらに限らず、塩素は髪に悪影響を
与えます。かつらを付けてない人でも、プールで水泳を長く続けていると、
髪の色が変色してきます。こうしたことから、スポーツをやっている人
がかつらの装着を考えた場合、かつら購入時によく相談する必要がある
でしょう。かつらの手入れや、使用する際のセット、かつらの痛みなど
に普段から気をつけておく必要もあります。

当サイト人気コンテンツ

★ オーダーメイドできめる!
★ 意外なところで使われている?
★ 購入時の注意点
★ 人工毛と人毛


Copyright (C) 2007 かつら@情報の館 All Rights Reserved.
 [PR]  シンガポールドル FX システムトレード オーストラリアドル 豪ドル